CLINIC

千葉市花見川区の眼科 あつみ眼科の院内設備のご紹介

 

当院では眼科診察に必要なさまざまな医療機器を備えています。
視力、眼圧、屈折(遠視、近視、乱視など)の測定をはじめ、視野検査、眼底カメラ、光干渉計などを用いて患者様の眼を観察・記録します。これが診断・治療の根拠となります。
病気をご説明する際にはこれらの記録を示しながらわかりやすく説明し、患者様に疾患への理解を深めていただきます。

2325F-1.jpg

【広角眼底カメラ(CLARUS500)】
非接触・無散瞳で撮影可能の眼底カメラです。従来の眼底カメラより広範囲に撮影でき、多くの網膜疾患を詳細に観察・記録に残すことができます。

 

2325F-2.jpg

【OCT・光干渉断層計(Cirrus)】
網膜の断面を映したり、網膜・視神経の厚みを測定することができる機械です。網膜疾患(糖尿病黄斑症、加齢黄斑変性症など)や緑内障の早期発見、経過を追うことができます。

 

2325F-3.jpg

【ハンフリー静的視野検査】
見える範囲(視野)を測定する機械です。緑内障の診断、進行をはじめ、身体障害者認定(視覚)にも必要な検査です。

 

2325F-4.jpg

【前眼部カメラ】
細隙灯顕微鏡で診察した眼の様子を前眼部カメラで撮影しテレビモニターに映したり、カルテに記録することができます。画像をみながら説明を聞いていただくことで、病気の理解が深まります。